doodle

doodle 【名詞】1 無目的に描くこと (an aimless drawing)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怒号

自分はどうしたらいいのか分からなかった。


自分は何かが欠落している。
何か、が自分にはまだわかりそうに無い。

自分は何になりたいかを忘れてしまった。
自分の将来の夢はゲームクリエイターだった。
幼い頃から自分はゲームが好きだったからそれになろうとしていた。

自分はそれを否定され続けた。
それでも頑張って夢として持ち続けてたんだ。

数年前俺は自由研究としてプログラミングをした。
ちょうどその時、部活の方で少しリンチ染みた事をされたのが
親にばれたことがある。

その時に父親は言い放った。
「お前のその糞下らない研究よりもいじめの被害を社会全体に広めたほうが
 よっぽど世間のためになるわ」

それ以来自分が決めたことが一つある。
意味のあるものにならなった結果があんな父親なら
例え社会的に見ればまともな人間だったとしても、
自分は痴呆になって、地べたを這いつくばって、どうあがいてでも
社会の役に立ちたたないようにしたい。

もうどうでもいいんだ。
死ぬのが怖いだけなんだ。それ以外、何も困ったことはないんだ。

あと、新しい夢ができた。
自分は自分をわかりたいんだ。
人工知能の勉強をすることにした。
自分と全く同じものを。自分と全く同じ考え方をするものを作る。
そいつと話をしたい。
なんて言ってくれるんだろう。そいつは。

ただ、そいつに否定されたいとも思ってる自分がいる。
不思議だ。



何がしたいんだろう。自分は。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/05(水) 23:08:56|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

催促

相変わらず自分はブログを定期的に書くというのが苦手だ。
なんとなく書きたい気分になったから書いている。

最近自分の一人称が安定しない。困る。
僕、俺、自分。テンションによって切り替わる。
人として軸がぶれているからであろうか?

稚拙な作詞、幼稚な抽象画すら最近描けなくなってきた。
何があったのだろうか。

広い教室の中、常に喪失感を覚えている。
周りの人間が尋常じゃなく成績がいいためだが。
自分の成績は地の底である。困ったものだ。

尋常じゃなく自分は母親が嫌いだという結論に至った。
学歴が全てと常に言い続けている。
自分に無いからだろうか?
一度そういったニュアンスなことを伝えたら激怒した。
自分が不幸な境遇でそういった所に行けなかったと言っていた。
幸運な境遇に生まれた俺はそこに行くことは当たり前なのだろうか。
恵まれた不幸ほど同情されず、困る。

なんだかんだ言ってシスコンでファザコンという結論に至る。

自分が好きなことすらやれない自分に吐き気がする。
誰か僕に催促してくれ。

最近とっても嬉しいことがあった。ずっと自分の中で腐っていた部分が
拭い取られた。ありがたいことだ。

寒い。体温が欲しい。抱き寄せられたい。

彼女が欲しい、と思っているのだが実際自分はどうなのだろうか。
性欲のため、自己顕著欲のため、優越感のため。
結局自分が欲しいと思う理由の原点はそこになってしまうのか?
遺伝子の生存戦略に完全に背いた感情なのだからこそ、
理屈では分からないのかもしれないが。
恋をしていないのかもしれない。

困ったものだ。今年もクリスマスがやってくる。
徹夜で恋愛シュミレーションでもしていようと思う。
  1. 2012/11/19(月) 00:38:14|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盲目

知らない。今キーボードを使ってうとうとした文字を僕は知らない。
やはり文字媒体は苦手だ。

ニュアンスという言葉の響きが好きだ。
ものすごく逃げれる気がして好きだ。これはもはや愛と言っていいかもしれない。
アイデンティティー、アンニュイ、カジュアルとかそのあたりも好きだ。
「意味は何?」と聞かれればぐうというしかないのだが。

時々ふっと当たり前のことをしたくなくなる。
親の命令に意味もなく今日も逆らった。犬の散歩なんて高々10分だというのに。
自分も犬が好きだというのに。
ただおもむろにズボンを脱いでぼーっとしていた。特に考え事もしなかった。
親から心配された。

人間の決定的な欠点とはなんだろうか。
2つでしか1つを生み出せないこと。
価値観を共有はできないこと。
順番を選べないこと。
なんだろうか。

全裸というのはなぜ誰にも見られていないのに恥ずかしいのだろうか。

変な夢を見た。
自分は自分の友人となって、「起きたまま夢を見たんだって」と言い張る自分を必死に説得する。
特に助平な夢でもなく普通に高い塔のてっぺんで弁当を一人で食べていたそうだ。
恐らく自分はそこだと弁当を落とすだろう。

the pillows というバンドを最近聞くようになった。
いろいろな曲を歌っているが、どれにも少し、寂しさがあるような気がして好きだ。
バビロン天使の詩がお気に入り。PVも含めて。

かくいう自分も今は全裸だ。恥ずかしい。
  1. 2012/08/06(月) 20:11:27|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

濃霧

人って言うのはやっぱり平等なのではないかと思う。
例えば世界随一の大企業の社長であっても最近誕生日を迎えた11歳の少年兵であっても
頭に思いっきりレンガを数十回ぶつければ死ぬだろう。
それで死なないような人間がいればきっとこの世は平等じゃないんだろうなと思う。
それでもこの世が平等じゃないと思うのは、
やはり「価値観の違い」なんていう、安っぽい論理を投げ捨てた言葉のせいなのだろうか。

人類の救済。
破滅からの転換。

目先の利益を追う人間が多い今こそ。
最底辺に立つ人間が必要だ。

嫌だなぁ。
  1. 2012/07/14(土) 22:29:07|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思念

サイコキネシス、いわゆる念動力が欲しい。

別に人を持ち上げ、地面に叩き付け殺すわけでもなく、

自転車を自動に動かして毎日の登下校を楽にするわけでもなく。

シャープペンシルに対して使いたい。

きっと今、自分が心に持ってる、恐ろしくも愛おしいものが見えるだろうから。



結局、人のことなんて誰もわからないし、
自分のことも自分ではわからないし、
他人のことも他人ではわからないし、
自分が世界で一番不幸だと信じ切った後、地球の裏側で人が死んでいることを言われても、
どういうリアクションをとったらいいのかわからなくなる。たちの悪いジョークだろうか。


何を書いているか自分でも訳が分からない。
苛立っているわけでもなければ、悲しいわけでもないのにキーボードをたたいてる。
  1. 2012/05/15(火) 17:43:37|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

遠藤ウオーズ

Author:遠藤ウオーズ
言ってる事とやってる事が違ってる人。
https://twitter.com/#!/warsotona

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。