FC2ブログ

doodle

doodle 【名詞】1 無目的に描くこと (an aimless drawing)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塵屑

私は親が大嫌いだ。
産んでくれたという絶対的な優位を暴力的に使ってくる。

もうそれだけで嫌だというのに「俺はお前を一人の人間として扱う」と言うもんだから
タチが悪くてしょうがない。
どうにかならないのだろうか。

付き合い続けた劣等感が今更になって私を苦しめる。
これは私が女の人と結婚をして、子供を産んでもなくなることはないだろうし、
「お前も子供を産めばこの気持ちが分かるよ」と説得されるが、
そんな気持ちをわからないといけないくらいなら結婚もしたくない。

私は必ず生まれた自分の子供を私の親の様に苦しめることになることは明白だからだ。

これにて、この記事を終了とする。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/19(月) 18:35:16|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喪失

朝起きた瞬間に、とてつもなくブログを書きたいという感覚に襲われた。
しかし、朝食を食べた途端、何を書こうとしていたかを忘れてしまった。
所詮、私とはそういう人間なのだ。

今日は自分の学校が入試があるので休みになっている。
思えば今自分が通ってる高校は第二志望の高校だ。
それについては今考えても憂鬱になる。

母親は「お前が後悔しないように頑張ったならいいよ」と終わった直後言ったものの、
受験に落ちたと言った時、「お前の頑張りが足りないからだ」と言ってきた。
どれだけ足掻こうとも、結果は結果なので、
言い返すこともできない。
自分の周りを付きまとう劣等感の原因は恐らくそれだろう。
くだらないと思われてもしょうがない。

これにて、この記事を終了とする。
  1. 2012/03/15(木) 07:37:27|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地震

3月12日の夜遅く。
RADWIMPSの新曲である、「白日」を聞いた。
いい曲だと思う。

実はというと一年前の3月11日は、自分は高校の入試を受けていた。
それが終わった後だったので、自分はとてもはしゃいでいた。
家に帰ってパソコンの電源を付けて、久しぶりのネットサーフィンをしていた。

母親の見ていたテレビから「地震」という言葉が飛び込んできて、その存在を知った。

ただ私は驚き、ただ私は落胆した。
すぐに私は募金をした、たくさんした。

しかし、現地に行って助けに行くということはしなかった。
故に私は自らの犯行を隠す殺人犯と
なんら変わりもない生活をこの一年間、地獄のような一年間を過ごしてきた。

あの時何をすれば私は正しかったのだろうか。
募金をするだけで人を助けたといえるのだろうか。
自分のした、僅かな偽善で救われた人は言えるのだろうか。
どうして私ははずれくじを引かなかったのだろう。
はずれくじを引いた人は何かが悪かったのだろうか。
はずれくじを引かなかった人は何かが善かったのだろうか。
考え続けてると、はずれくじを引かなかった罪悪感で死にそうだ。

ただ、私の住んでいる県は、次に大地震が来るということが予告されている。
その時の行動で示そうと思う。

1年前の震災で亡くなったすべての命のご冥福をお祈りします。
これからも、強く、生きてください。

これにて、この記事を終了とする。
  1. 2012/03/14(水) 21:28:19|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

概要

前からブログというものをやってはいたのだが、書こうと思った自分のイメージと
今までのブログのイメージが合わなかったので新しくブログを設立することにした。

このブログはタイトルの通り、ノートの片隅の様にこのブログを扱おうと思う。
または、自分が常に考えている取るに足りない考え方のはけ口として扱おうと思う。
ブログを運営している人にとってこんな考え方はおそらく相容れないだろうが、
正直自分もそんな扱い方をするのはよくないことだと思う。
だが、その上で私はこのブログを書こうと思う。

本来、日記は他人に見せないような内容を
書くものだと自分は思うし、過去に書いていた日記も他人にはとても見せられない内容だった。
日常的なことはミニブログでもあるツイッターで呟こうと思う。
よってブログでは、見る人によっては人を傷つけるような、
自分が考え付いたイメージ、極論、戯言、中二病をただつらつらと並べていこうと思う。
見ることは自己責任で、見たい人だけが見ればいいと思う。

「本当は頭の中にもっと書きたいことがあるのに、書くことはできない」
という感覚がこの記事を書いている最初の方から纏わりついているが、
もしかしたら「何かを書きたい」という幻覚を見てるだけなのかもしれない。
それは私にもわからない。

これにて、この記事を終了とする。
  1. 2012/03/14(水) 20:48:25|
  2. 未定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

遠藤ウオーズ

Author:遠藤ウオーズ
言ってる事とやってる事が違ってる人。
https://twitter.com/#!/warsotona

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。